LINEで送る

unnamedGN8HY7V3

 

ガールズバーは男性客が女性キャストと楽しくお酒を飲む場所だ。だからお酒はマストとも思われるかもしれない。

しかし、良心的なお店であればお酒が苦手な場合でも対応はしてくれるだろうし、ましてや体質的にダメなのであればお店は協力する義務があるだろう。

男性客は10000%スケベなので女性キャストがほろ酔いになるとスキが出て口説けるんじゃないかとか様々な妄想を膨らませるが、ここはキャストの側が一枚上手に立ち、飲ませようとする男性客をさらりとかわせるようになろう。

 

お酒が飲めないキャスト

法律的に飲めない場合

当たり前だが20歳未満は未成年者飲酒禁止法によって飲んではいけないことになっている。もちろんお店側も飲ませてはいけない。

しかし、18歳とか19歳とかの女性キャストが20歳と偽っても外見上は区別がつきにくいし、そのくらいの年齢は大人の世界にあこがれがあるのでどうしても「一緒に飲みたい」という気分になりがちだ。

こういう場合は周りのキャストや店長がしっかりと注意してあげないと本人も飲み方を知らないので酩酊して失態をさらしてしまうこともある。

常連客には若いキャストにお酒を飲ませて楽しもうというひともいるかもしれないが、しっかりと断り、ソフトドリンクを飲もう。

20歳未満なのに酒を飲ませるようなお店(もしくは飲むことを黙認するお店)はロクでもない店だ。早めに見切りをつけよう。

 

アイコンNG風営法上は接待従業員は18歳以上(高校生は不可)は風俗店(キャバクラやガールズバー)だとしても勤務していいことになっていますが、20歳未満はお酒が飲めません。

これは法律が違うので仕方がないといえば仕方ありませんが、矛盾があるともいえます。

 

お酒が嫌いな場合

お酒の種類で好き嫌いはあっても、お酒そのものが嫌いというひとはガールズバーのキャストには多くはいないかもしれない。

しかし、じゃあお酒が嫌いだと働けないのかといえばそうではない。ガールズバーは自分でお酒を造ることが多いのでカクテルを作るときにアルコールを弱めにしたり、ジュースでごまかすこともできるだろう。

バーマンやほかのキャストがドリンクを作るときはあらかじめお酒が苦手なことを説明しておこう。

 

体質的に飲めない場合

お酒が嫌いならまだしも、体質的に飲めない場合はどうだろうか?

これは残念だがあなたの体のことを考えてガールズバーでの勤務は考え直した方がいいというのが正直な意見だ。

ガールズバーはお客もキャストもお酒が入るとノリで「いいじゃんいいじゃん」という無秩序状態になりやすい。あなたの周りにも酒癖の悪い人は一人くらいいるだろう。

そんななかお酒に潔癖でいなければならないのは心理的にも辛いし、いづらくなる可能性も否定できない。

間違ってお酒が混入してしまった、ノリに負けて一口飲んでしまったということもあるだろうから、よほど徹底しないと何らかのトラブルの原因になってしまうだろう。

 

なぜ男性客は飲ませたがるか

では、なぜ男性客はお酒を飲ませたがるのだろうか?

当たり前だがしらふの人間の前で酔っ払うのは気が引けるし、一緒に飲む人が同じようによってくれる方が楽しいからだろう。

さらに、お酒が入ると人間だれしも心にスキが出てくるものだ。

スキに乗じて連絡先を交換したり、デートの約束を取り付けようというスケベ心からもできればキャストには一緒に飲んでほしいのだ。

会社の同僚や同級生にもやたらと飲ませたがる人もいるかもしれないが、飲ませれば口説けるとでも思っているのだろうか?女性は馬鹿ではないのでアルコールを飲んでいるふりをしてきれいにスルーしよう。

 

お店やほかのキャストの理解が必要

あなたがお酒が苦手な場合、あなた自身がコントロールしようと思っていても、お店やキャストの理解を得られなければいつかはお酒を飲むことになってしまうだろう。

常連客が飲ませようとして断れなかったり、ほかのキャストが作ったドリンクにアルコールが含まれている場合は避けようがないかもしれない。

お店側がキャストに理解がある場合はいいかもしれないが、なあなあなお店だとこうはいかないこともあるだろう。

しっかりとお店の協力体制を見極めよう。